未分類

なぜ、外国人実習生は、逃亡するのか?

2018/05/07

こんにちは(*^_^*)Web担当のOです。
平野に成り代わって、以下のブログをアップします。

============================
外国人にも、愛情は伝わるか?

昨日は、ベトナムの外国人実習生の送り出し機関の部長が来日され、せっかくの機会なんで、ご一緒に、実習先を訪問しました。

私は、
言葉の壁はあっても、
愛情は、ちゃんと伝わると思います。

なぜなら、
話す言葉は違えど、同じ「人間」だからです。

たとえば、
堺ものづくりネットワーク協同組合の実習先である、
ヤマエの山本社長は、女性ながらの、
厳しくも、愛情あふれるお気持ちで、
元々、日本人の従業員の皆さんに対しても、やるべきことをしなかったらきちんと叱られる方ですが、ふだんは本当に温かく、優しい社長です。
ベトナム人の外国人実習生に対しても、日本人の従業員の皆さんと同じように、
愛情深く、育ててくれています。
結果、すくすくと、実習生の技能が伸びていっています。

もしも、
愛情がなく、ただ怒るだけのコワい社長の元であれば、
このような成長は、見られなかったことでしょう。

だから、私は、
これからも、
実習生のみんなを、
愛情深く、厳しくも温かく育てて頂けそうな実習先企業へ、
これからも、ドンドン輪を広げて参ります。

私は、職業柄、
ベトナムにある、実習生の主に日本語研修を現地で行う、送り出し機関の方からよくお話しを聞く機会があるのですが、
最近、会う度に、
「うちは、もう、建設系は、やらない。
なぜなら、……」
っという話しを、よく聞くようになりました。

少なくとも、建設系の実習生は、ベトナムで募集しても、なかなか、実習生希望者も集まりにくいし、
第一、集めてくれる送り出し機関が、減りつつあることだけは事実です。

建設系は、身も心も頑丈な、ネパール人が、これからは、台頭してきそうな、気がします。

また、情報が入りましたら、逐一、アップさせて頂きます。

-未分類