未分類

なぜ、日本に来るベトナム人が多くなってきているのか?

2018/05/16

こんにちは(*^_^*)Web担当のOです。
平野に成り代わって、以下のブログをアップします。

============================

コトバに国境はあっても、ココロに国境はない。
昨日から、ベトナムに来ています。

私は、
言葉に国境はあっても、
心に国境はないと、思います。

なぜなら、
同じ、人間同士だからです。

たとえば、
スマホのSIMカードを空港で買う時、
これでもかと思う早さで、
テキパキ作業をしてくれます。
手の速さだけでは、
日本人は負けてしまっていると思うほどです。

まあ、この程度なら、
タイでも、フィリピンでも見受けられますが、
丁寧さ、対応の良さも加えれば、
だいぶん差がつくのではないでしょうか?!!

他にも、
今の日本人が忘れてきつつある、
ハングリー精神、誠実さ、
元気、ヤル気、生きるチカラなど等、
いっぱい持ってます。

もしも、
言葉が出来ないからと、
文化が違うからと言って、
ベトナム人受け入れ問題に否定的な方ばかりだと、
今の日本は、成り立っていないことでしょう。

だから、
私は、日本が持ってしまっている、
将来の問題を解決する、大きな可能性の1つである、
ベトナム人実習生の受け入れに、
さらに、邁進して参ります。

ベトナムには、
キャノンの工場をはじめ、日本メーカーの工場がたくさんあります。

こんなに大きい荷物を運ぶのも、
へっちゃらです。(⌒-⌒; )

今回、
堺ものづくりネットワーク協同組合の
ベトナムの送り出し機関の日本語学校、
ならびに、その建設関係の技術訓練センターを、
堺をはじめ、和歌山の皆さまも含め、総勢18名ものたくさんの建設系のお会社さんに視察いただき、
どうも有難うございました。

-未分類