未分類

トップの率先垂範が、職場環境の良さを決める

2018/06/16

こんにちは(*^_^*)Web担当のOです。
平野に成り代わって、以下のブログをアップします。

============================

【決断するのは当たり前。しかし、決断だけでは……】

昨日は、
みんなで、
3S活動を行いました。
KHスタッフステーションでは、初めて行いました。

私は、
トップが、
GO!を出さない限り、
いつまでも要らない書類やモノが散乱したまんまだと、
思います。

なぜなら、
要らんそうに思うものでも、捨てて良いものかどうか分からないので、
お互い気遣って、
そのままの状態になってしまったまんまになっていることが多いからです。

たとえば、
このKHスタッフステーション。
私の未熟さが重なり、
今でこそ、安定したメンバーですが、
つい2年ほど前までは、
入れ替わり立ち替わりしていました。
それ以前からのメンバーと言えば、
現在、残って頑張ってくれているのが、
リーダーただ1人です。
書類などを掌る部門である総務のメンバーも、4回変わりました。

そんな状況で、
書類を整理するしようとしても、
どれを捨てていいのか、また捨てようと思ったとしても、本当に捨てても大丈夫かが分からず、
10年以上も前の書類もそのまま残っている状態だったんだと思います。

もしも、
トップが、
捨てる!という決断をくだしていない限り、
何年経っても、
誰も、捨てるのが怖くて、そのまま昔の書類を残したままになっていたことでしょう。

だこら、私は、
ふだん行かないオフィスの整理でも、
良い職場環境づくりのため、
時を見て、トップが、3Sの号令をかけるだけでなく、時には、自らも、その3S活動に、先頭立って行ってまいります。

しかし、本当に、キレいになりました。

-未分類