未分類

後継者を誰に考えるかで、戦略は変わる!

昨日は、
ケータリングをされていらっしゃる経営者の方がお見えになられました。

このコロナの影響で、
確かに売り上げは激減しているけど、
その面での不安はなぜか何もない。
それよりも、
今後将来、どなたにバトンタッチしていけばいいのかが、・・・

お話しをお聞きしている中で、
ご自身で、
あっ!
まずは、この方から・・・。
そして、次に、3人でっと、
答えを導かれていかれました。

後継者を誰に考えるかで、
まさに、その後の戦略が全く変わります。

2~3年以内に、どなたかに後継しようとお思いの経営者の方は、
その後継者の方の考え、思いも取り入れた戦略に変えていけるかどうかは、
中小企業の場合、非常に大切なポイントにならざるを得ないと思います。

私の場合、
40才代で、後継しようともまだまだ先の話しですが、
常に、いずれはどなたかに後継することを大前提で、
戦略を考えてしまっていることを、改めて実感させられました。

まあ、明日、私が、死んじゃうかもしれないということを常に思いながら、
経営しています。

たぶん、明日、本当に、私が死んでしまっても、当面は困りません。
2~3年後には、少し困るかもしれませんが、
2~3年で、どうにか態勢を引っ張り上げる幹部教育を、今後、改めて大切にして参ります。

有難うございます。

-未分類